夫がiDeCoに加入したいといいだしたのでどの証券会社にするか検討してみた

チャート

わたしが

『iDeCoというのがあって、所得税や住民税が繰り延べになるんだけどどう思う?』

と聞いた時には、関心なさげにスルーしたのに

会社の人たちがやり始めたからという理由で、夫が『iDeCoに加入したい』と言い出しました。

わたしが聞いた時にはスルーしたくせに…。

わたしが聞いた時にはスルーしたくせに…。

ということで、iDeCoをどこの証券会社にするのか検討しています。

スポンサーリンク

iDeCoに加入はいいけれど少し気になっていること

以前にiDeCoについてはかなり調べていて、節税、節税と謳われていますが

実際は『税金の繰り延べ

iDeCoに加入している期間中は、所得税や住民税が税控除対象となりますが、出口で課税されるという仕組みです。

税の繰り延べは悪いことではなくて、むしろいいこと

現役時代の税金を繰り延べることで、現役時代に運用できるお金が増えます

ですが、少し気になるところもあります。

<懸念事項>

  • 特別法人税が現在凍結されているが、凍結解除になると資産全体に1.173%の税金がかかる
  • 受給時に人によってはiDeCoの非課税枠をはみ出して課税される場合もある

特別法人税が現在凍結されているが、凍結解除になると資産全体に1.173%の税金がかかる

iDeCoは特別法人税というのがあり、現在凍結されています。

この特別法人税はどういう仕組みかというと、運用中のiDeCoの資産全体に1.173%の税金がかかります。

現在は凍結されていて、今まで一度も課税されていないのですが、凍結解除になればかなりの税負担になるのではないでしょうか。

既に加入している人のブログなどを見ると、あまり触れられていないのですが、

『低金利のうちは課税されないのではないか』

という意見が多いのでしょうか?

いろんなところから、廃止の要望が出されていたようなのですが、前回も廃止ではなく3年間の凍結。

なんとなく気になります。

受給時に人によってはiDeCoの非課税枠をはみ出して課税される場合もある

20数年後の出口のことを考えるのは時期尚早かもしれませんが、心配性なので出口についても確認しました。

iDeCoは、受給時には一時金の場合退職所得控除、年金の場合なら公的年金等控除という非課税枠があります。

けれども、その非課税枠は企業の退職金や公的年金などと共通の非課税枠。

退職金や公的年金が多い場合など、iDeCoの受給額について非課税枠をはみ出して、税金がかかるケースもあります。

うちの場合は特殊で、中途採用なので勤続年数が短いために一時金で払い出すと控除額が少ないんですね。

非課税枠をはみ出すのかはみ出さないのかはケースバイケースなので一概にはいえませんが、逆に、退職金が全くでない方や退職金が少ない方はiDeCoはお得です。

とりあえず、夫に説明してみましたが、わかったのかわからないのか…。

全然、相談に乗ってくれないんです!

やるというのですから、まぁ、仕方がありません。

妻
うちの運用は、つみたてNISA2枠で足りるんだけど、つみたてNISAの方が検討してくれないかしら

iDeCoの証券会社はどこがいい?

iDeCoに加入するのに、証券会社を選ばないといけません。

証券会社の候補としては、やはり手数料が安いネット証券。

SBI証券、楽天証券、マネックス証券。

3つを自分で比較するのが面倒だったので、すでにiDeCoに加入している方のブログを参考にすることにしました。

Twitterでお世話になっているmacchiさんのブログを拝見。

  • 手数料は3社横並び
  • 信託報酬はマネックス証券が信託報酬が安い商品が多い
  • 受け取り方が、マネックス証券と楽天証券は3種類から選べるが、SBI証券は一括・分割の2種類からしか選べない

確認してみたところ、手数料は3社横並びで違いはありません。

信託報酬はマネックス証券が一番安いです。

また、受け取り方ですが、SBI証券だけ一括・分割の2種類からしか選べないとのこと。うちは出口で上手に出ないと税金がかかりますから、一括+分割を利用希望。だから、SBI証券は却下

購入したい投資信託の信託報酬を比較してみた

今年からつみたてNISAをはじめました。

購入している投信は、emaxis slimシリーズの8資産均等・先進国・新興国の3つです。

つみたてNISAで購入している投信と同じ投信をiDeCoで購入しようと思っているので、それぞれの信託報酬を調べてみました。

eMaxis slim マネックス証券 楽天証券
8資産均等 0.2268%
先進国 0.20412%
新興国 0.2052%

2018/1/12管理人調べ

楽天証券のiDeCoだと、emaxis slimって取り扱ってないんですね。

ということで、iDeCoはマネックス証券にすることが決まりました

つみたてNISAとiDeCoを併用して管理するときの方針

つみたてNISAとiDeCoを併用する場合の方針を決めておきたいと思います。

  • つみたてNISAとiDeCoに積立を行う商品は同じ商品・同じ割合にする
  • リバランスはiDeCoのスイッチングを利用することで非課税でリバランスできる

つみたてNISAとiDeCoを併用する場合に、自分で決めたポートフォリオをどういう風に扱ったらいいのかというのが課題になると思います。

わたしの場合は、つみたてNISAとiDeCoに積み立てを行う商品は、同じ商品・同じ割合にすることで、作ったポートフォリオを崩さずに済むようにします。

また、iDeCoを利用することで、特定口座で予定していてリバランスをiDeCoの口座内でスイッチングをすることで非課税で利用できます。

iDeCoだとつみたてNISAのように非課税枠を消費せずに、スイッチングができますから、これはリバランスにぜひ使いたいですね。

資金が少ないときのノーセルリバランスは特定口座で行い、iDeCoの口座内でリバランスができるくらいに資金が増えてきたら、セルリバランスはiDeCoで行いたいと思います。

まとめ

  • iDeCoの証券会社を選ぶときは、手数料・受け取り方法・信託報酬・商品ラインナップを確認する
  • iDeCoはスイッチングが可能なのでリバランスが便利

スポンサーリンク

iDeCo

Posted by myu