2018年の年間予算と月間予算はGoogleスプレッドシートを使うことにした

わたしが使っていたノートパソコンが、急に電源が入らなくなってしまって、今まで付けていた家計簿のデータが取り出せなくなりました。

日々の収支は手書きの家計簿を付けていて、年間予算などを集計するのにEXCELを使っていたので大したことはないのですが、ローカルに保存しておくとパソコンに不具合が生じたときにデータが取り出せなくなるのですね。

ということで、2018年から、年間予算と月間予算はGoogleスプレッドシートを利用しようと思います。

スポンサーリンク

Googleスプレッドシートとは

Googleスプレッドシートは、Googleが提供している、EXCELのように表計算がオンラインでできるソフトです。

パソコンにソフトウェアをインストールするのではなく、ブラウザでGoogleスプレッドシートの画面を開いて編集することができます。

データはクラウドに保存されます。

Googleスプレッドはインターネットに接続できる環境でないと基本的には利用できませんが、オフラインで利用したい場合は、Google Chromeの拡張機能「Google オフライン ドキュメント」をインストールするとオフラインでも利用できます。

GoogleスプレッドはGoogleアカウントがあればすぐに利用できます

GoogleスプレッドはGoogleアカウントがあればすぐに利用できます。

Google(https://www.google.co.jp/)の検索画面にアクセスして、右上にある■が9つ並んだアイコンをクリックします。

「ドライブ」を選択します。

表示された画面の上部の「マイドライブ」→Googleスプレッドシートを選択します。

無題のスプレッドシートがでてくるので、左上の緑のマーク「スプレットシートホーム」をクリックするとGoogleスプレットのホーム画面になります。

googleスプレッドシート

ホーム画面の上部にテンプレートギャラリーがありますから、そこに「年間予算」「月間予算」のテンプレートがあります。

<備考>
テンプレートが表示されていないときは、左上のメインメニュー→設定→テンプレートのホーム画面に最近使用したテンプレートを表示にチェックを入れる。

Googleスプレッドを使ってみた感想

表計算ソフトなので、基本的な使い方はEXCELとさほど変わらないのですが、使ってみて使いにくかったところ、わからなかったところは

  • 上書きのボタンがない
  • 連番を入れるときはどうするの?
  • 2重ドーナツグラフが作れない?

上書きのボタンがない

はじめて使ってみたときは、「上書き」のボタンがないので、どうやって上書きするのかわからなかったのですが、自動的にデータがGoogleドライブに保存されるようになっています

これは、とても便利です。

EXCELで作業中にパソコンが固まってしまって、作業途中が保存されていなかったという経験が誰しもあると思います。

Googleスプレッドシートであれば、自動的に保存されますのでそういったことがありません。

連番を入れるときはどうするの?

ただし、今までEXCELが使い慣れていたので、若干使いにくいところもあります。

例えば、セルに連続した番号を振るときには、EXCELだと、セルを選択すると右下に黒い十字架(フィルハンドル)がでてきて、オートフィルオプションを利用すると連番が入力できます。

けれども、Googleスプレッドの場合だと、セルに「1」「2」と入力して右下の■をドラッグすると連番が入力できます

最初、連番も入力できないなんて不便。と思ったのですが、使い方が違っただけでした。

2重ドーナツグラフが作れない?

ドーナツグラフは普通に作れるのですが、2重ドーナツグラフを作りたくても項目がなくてできなさそうなんです。

どなたか、Googleスプレッドシートで2重ドーナツグラフの作り方がわかる方がいらっしゃいましたら教えてください。

妻
若干、EXCELと使い方が違うところがあるので、慣れるまでに少し時間がかかりそう。

2018年の年間予算や月間予算はGoogleスプレッドシートのテンプレートを使うことにした

googleスプレッドシート

Googleスプレッドシートのテンプレートギャラリーに「年間予算」と「月間予算」というのがあります。

最初からテンプレートで用意されているので、項目を入力すると自動的に予算が出来上がるので、これを利用しようと思います。

Googleスプレッドテンプレートギャラリー 年間予算

まずは年間予算から見てみましょう。

年間予算管理表ということで、画面下のタブは「設定」「支出」「収入」「概要」の4つのシートが用意されています。

「設定」タブでは、開始残高を入力します。

「支出」のタブでは表がすでに出来上がっているので、項目を少し編集して数値を入れていくだけでよさそうです。

「収入」の欄も支出と同様に表がすでに出来上がっているので入力するだけで簡単そうです。

先ほどの、「設定」「支出」「収入」のタブを入力すると、「概要」タブが自動的に入り、グラフと集計金額が表示されます。

これで、2018年の予算が簡単に出来上がりました。

推移グラフも見やすくなっているので、1から自分で作らなくていいのでとっても簡単です

月間予算

月間予算のテンプレートは

「概要」「取引」のタブが2つだけです。

「概要」タブはハイライトされているセルのみ編集していきます。予算と開始残高を入力します。

「取引」タブは支出と収入を入力すると、先ほどの「概要」ページに反映されます。

支出と収入を1つずつ入力しないといけないのは少し面倒そうですね。

わたしの場合は、手書きの家計簿を転記したいだけなので、月間予算は使わずに年間予算だけGoogleスプレッドシートのテンプレートを利用させてもらおうと思います。

まとめ

  • Googleスプレッドのテンプレートを利用すると、簡単に家計簿の「年間予算」と「月間予算」を作成できる

スポンサーリンク