年収600万円台の家計簿(2017年10月)4人家族 高校生のいる家庭の家計簿

電卓

つみたてNISAがはじまるので、どの銘柄を選んだらいいのか四六時中考えているmyu(@myulog)です。

皆さんこんにちわ。

寒くなってきましたが体調はいかがでしょうか。

小さいお子さんがいると季節の変わり目は体温調節が大変ですね。

さて、今月も家計簿を締めましたので、わが家の10月分の家計簿をお暇でしたらみてやってください。

4人家族の家計簿 2017年10月

【わが家のスペック】

家族構成 夫+妻+高校生+小学生の4人家族
住まい 賃貸住まい
年齢 30代後半
夫の職業 中小企業勤務のブルーカラー
地域 地方在住

ちなみに去年の貯蓄実績は+147万円。

詳しいプロフィールはこちら

2017年10月の家計簿公開

分類 項目 金額
収入 夫給与 365,681円
妻収入 19,899円
児童手当他
収入合計 385,580円
支出 生活費(現金支出) 食費  53,881円
日用品  6,430円
娯楽費  0円
教育費 8,860円
交通費 2,020円
医療費 0円
衣服・美容費 1,400円
小遣い 26,000円
流動費合計 98,591円
特別支出 自動車保険 17,800円
特別支出合計 17,800円
 固定費
(引落+
クレジット)
住宅費  62,324円
駐車場  8,108円
電気代 7,620円
ガス代 4,155円
水道代 10,061円
IP電話 夫クレジットに含む
携帯電話代 4,251円
校納金 14,340円
夫クレジット 7,607円
固定費合計 128,466円
生活費+固定費 227,057円
支出合計 244,857円
収支 140,723円

2017年10月の収入合計 385,580円
2017年10月の支出合計 244,857円
2017年10月の貯蓄額  140,723円
2017年10月の貯蓄率 36.5%

2017年10月の家計簿振り返り

自動車保険の更新月

自動車保険の更新月を迎えたので、自動車保険料が17,800円発生しています。

自動車保険は、ネットの比較サイトで比較して一番安かったSBI損保の自動車保険に加入しています。

今まで、1・2度電話をかけて確認することがあった程度で、実際に保険請求をしたことがありませんから、本当にいい保険会社なのかどうかというのはわかりませんが、とにかくうちの条件ではここが一番安かったからという理由で選んでいます。

過去記事 30代・軽自動車の自動車保険の相場ってどれくらい?26歳以上20等級のわが家の保険料実例

昔、わたしが20代のときは父からもらったセダンタイプの車に乗っていたのですが、その時は確か7万円ぐらい自動車保険を払っていた記憶があります。今考えるとすごく高いですよね。

大手の保険会社というのもありますし、契約したときの年齢が若かったというのもあるのでしょうが、それと比較すると今は随分と自動車保険も安くなったものだと思います。

食費  53,881円(うち外食2,840円)

今月の家計簿を見て思うのは、「うちはエンゲル係数が高いですか?」

今月の食費は53,881円。うち外食で使ったお金は2,840円。

だいたい、「1人1万円+お米+α」ぐらいが食費の予算と思っています。

子どもが高校生になると給食がなくなってお弁当を持っていくので、子どもが中学生のときよりも見ための食費は上がったのですが、トータルすると同じぐらい。

給食の予算というのは1日200円ぐらいで設定されているそうなのですが、うちもそれに倣って、お弁当代は毎日手作りで費用は1食200円ぐらいをみています。

「もっと節約できるよ!」という方はコメント欄に秘訣を教えていただくと嬉しいです。

携帯電話代 4,251円

家族の携帯電話の契約は下記の通りになっています。

楽天モバイル 5分かけ放題+通話SIM(10GB) 3,450円
わたし 楽天モバイル ベーシックプラン 270円
子ども UQモバイル データ通信無制限 2,141円
子ども ソフトバンク みまもり携帯 610円

夫は携帯を結構使うので、格安SIMに変更しましたがそれでも3,000円を超える支払いになっています。楽天ポイントが支払いに利用できるので、余っているポイントが自動的に消化され、それでも足りない分がクレジットカードで請求されています。

わたしの携帯は、夫と同じ楽天モバイルですが、ベーシックプランということ、キャンペーンで6か月間1,000円引きということもあり、今は月額料金270円(税込み)でりようさせてもらっています。

過去記事 楽天モバイルでスマホ料金が実質400円以下!楽天スーパーポイント支払いで更に安く

ベーシックプランなのでネットがものすごく遅いですが、家ではWi-Fiに繋いでいるので使い方次第です。ほとんど外出先でネットを利用されない方はこういうプランでもいいのではないでしょうか。

雑感

わたしが家計管理で参考にさせていただいている書籍はこの2冊

本多静六 著「私の財産告白
横山光昭 著「年収200万円からの貯金生活宣言

本多静六 著「私の財産告白」

「私の財産告白」はかなり古い書籍なのですが、普通のサラリーマンが資産形成をするときに参考になる書籍です。

給料の1/4を天引き貯金、臨時収入を全額貯金することで、雪だるまの芯を作り、その雪だるまの芯を使って運用するということが書かれています。

資産運用に関しては、時代の流れに乗って不動産投資で成功された方です。その時代は不動産投資が波に乗っている時代ですので、今とはかなり違うかなというのはありますけどね。

ちなみに、わが家の家計の最初の目標として、月収の1/4を貯金に回そうと努力していたのですが、最近はその目標を達成できるようになりました。

「このままいけば大丈夫かな?」と思っていたのですが、他の家計ブロガーさんの家計簿を見てみると、月収のなんと50%以上も貯蓄に回している家庭結構あるというのを知って、「わたしの目標って低かったのね」と考えるようになりました。

家計管理も創意工夫しながらやっていこうと思います。

リンク 本多静六 著「私の財産告白

横山光昭 著「年収200万円からの貯金生活宣言」

「年収200万円からの貯金生活宣言」は、先ほどの「私の財産告白」よりももう一歩踏み込んで具体的にどのような節約が効果があるのかということがまとめられた書籍です。

今では当たり前のように言われている、固定費の削減から、嗜好品の節約など、所得が少なくても貯金に回すにはどうしたらいいかというのが書かれているので、節約な苦手な方にはとても参考になると思います。

すでに節約ができている方が読むと、「当たり前のことしか書いてないじゃない」となるので、金融リテラシー高めの方には不要でしょう。

リンク 横山光昭 著「年収200万円からの貯金生活宣言

いずれの書籍も出版されてから時間が経っているので、図書館で読むこともできますし、Amazonのマーケットプライスなら1円から出品されていたりしますので、それらを利用されてみてはいかがでしょうか。

先月・先々月の家計簿

リンク 【4人家族の家計簿公開】2017年8月の家計簿 夫よ、クレジットカードの支払い7万円ってどういうこと?
リンク 年収600万円台の家計簿(2017年9月)4人家族 高校生のいる家庭の家計簿

妻
うちの家計簿を見てみんなはどう思ってるんだろう?

スポンサーリンク

家計簿

Posted by myu