吉野家(9861)株主優待は吉野家で使えるサービス券

2017年11月20日

吉野家優待

ピーターリンチの株を読む」を読んで、個別株勉強中の主婦のブログです。

牛丼の吉野家の株主優待「吉野家で使えるサービス券」が届きました。

昔は牛丼屋さんは家族連れが利用しにくいところでしたが、最近はテーブル席を設置している店舗も増え、お子様用のメニューもあるので、以前に比べて利用しやすくなったような気がしますが、皆さんは吉野家利用したことがありますか?

吉野家(9861)の株主優待をチェック

吉野家優待

吉野家の株主優待は株主優待券です。

1枚300円の飲食券が株式数に応じてもらえます。

権利確定月:2月 8月
株主優待:吉野家で利用できる飲食券

優待内容 優待獲得株数
飲食券(300円) 10枚(3,000円相当) 100株以上
20枚(6,000円相当) 1,000株以上
40枚(12,000円相当) 2,000株以上

発送時期:2月末分は5月上旬、8月末分は11月中旬

【利用内容】
お釣りはでません。
店舗で販売している、すべての商品が対象。
また優待券1冊(10枚)を事務局に送付することで「吉野家外販商品詰め合わせセット」との引き換えも可能。

吉野家優待

吉野家優待

近くに店舗がない場合は、「吉野家外販商品詰め合わせセット」を利用するといいですね。返信用の封筒も入れてくれています。

【利用できる店舗】
日本国内の、株式会社吉野家、株式会社はなまる、株式会社アークミール、株式会社京樽、株式会社グリーンズ プラネットの店舗で利用可能。
一部取り扱いできない店舗あり(吉野家の競馬場内・競艇場内・臨時店舗等と、京樽・はなまる・グリーンズ プラネットの一部店舗)

リンク 吉野家 株主優待情報|IR情報

吉野家で牛すき鍋膳をいただいてきました

吉野家では、牛すき鍋膳が全国の店舗で11月1日10時から復活しました。

ということでさっそく牛すき鍋膳をいただいてきましたよ。

牛すき鍋膳

こちらが牛すき鍋膳。

ごはんと牛すき鍋と卵と漬物がついて、なんとお値段並盛650円(大盛750円。ねぎ増しは750円、肉2倍盛は950円)

わたしは小食なので並盛を注文しましたが、並盛でも十分なボリュームで満足しました。

カルビ丼

夫は牛カルビ丼。

カルビが好きな人にはたまらない1品です。

店内の様子

家族連れもカップルも1人客も夕食時の時間だったのでお客さんは多かったです。

そして、やっぱり牛すき鍋が人気のようで、牛丼よりも注文されていた様子です。

顧客単価が上がっていいんじゃないでしょうか。

牛すき鍋を注文してから店員さんが持ってくるまでの時間がすごく短かったので驚きました。

そして、店員さんは店舗に2人いたのですが、やっぱり大変そうでした。

吉野家(9861)連結財務データ 5年分

個別株を勉強中なので財務データも確認しておきたいと思います。

単位:百万円

会計年度 2013年2月 2014年2月 2015年2月 2016年2月 2017年2月
 売上高 164,599 173,418 180,032 185,738 188,623
 営業利益 1,877 2,179 3,515 1,613 1,865
 経常利益 2,460 3,270 3,993 2,345 2,750
 親会社に帰属する当期純利益 △ 364 698 941 837 1,248
 減価償却費 5,834 5,399 5,088 5,433 5,915
 設備投資 8,083 6,028 8,470 12,879 11,113
 営業活動によるキャッシュ・フロー 6,212 7,570 11,833 433 10,104
 投資活動によるキャッシュ・フロー △ 6,937 △ 4,258 △ 9,201 △ 12,365 △ 6,526
 財務活動によるキャッシュ・フロー △ 2,473 481 5,595 3,843 1,085
 現金及び現金同等物の期末残高 14,003 17,964 26,858 18,498 22,941
会計年度末
 総資産 91,338 95,524 108,658 111,292 114,947
 純資産 43,390 43,412 58,938 57,733 57,209
その他データ
 1株当たり純資産額(円)* 83,112 831.78 921.01 891.04 879.46
 1株当たり当期純利益(円)* △ 710 13.59 16.24 13.10 19.35
 1株当たり配当金(円)* 2,000 20 20 20 20
 自己資本比率(%) 46.8% 44.8% 53.7% 51.7% 49.8%
 自己資本利益率(%) △ 0.8% 1.6% 1.9% 1.4% 2.2%
 グループ総店舗数(店) 2,790 2,850 2,882 2,923 3,074
  国内店舗数(店) 2,202 2,201 2,233 2,244 2,332
  海外店舗数(店) 588 649 649 679 742
 従業員数(人) 3,339 3,201 3,346 3,698 4,251
 株主数(人) 204,769 207,931 284,231 303,380 314,456

*2013年9月1日付で、普通株式1株につき100株の割合で株式分割が行われています。これに伴い、2014年2月期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益金額、1株当たり配当金を算定。

2018年2月期 第2四半期連結決算ハイライト と セグメント別売上・利益構成比

吉野家優待

吉野家優待

2018年2月期第2四半期 B/S

(百万円)

17年8月末 17年2月末 前期対比
総資産 116,108 114,947 1,161
現金及び預金 24,250 25,474 △ 1,224
有利子負債 32,202 31,488 714
純資産 57,762 57,209 553
株主資本 59,784 59,107 677
その他の
包括利益累計額
△ 2,481 △ 2,363 △ 118
非支配株主持分合計 459 464 △ 5
自己資本比率 49.4% 49.4% 0%

2018年2月期第2四半期決算説明会(開催日:2017年10月11日)(PDF:2,350KB)より

私的メモ

  • 国内第2位の牛丼チェーン店
  • はなまるうどんの売り上げ・利益が堅調に推移
  • 連結店舗数は右肩上がりに増やしており、特にはなまるうどんと海外店舗の出店増
  • 主力の吉野家の業績は、期初の計画値には達せず
  • 米国は好調、海外ではアセアン地区出店遅れ
  • 有利負債はあるが現預金も多く財務は比較的健全
  • 自己資本比率が50%近い
  • 個人株主の割合が72%超(2017/11/10時点)
  • PER(会社予想)(連) 57.59倍、松屋フーズ(連) 36.04倍、ゼンショーホールディングス(連) 30.85倍(2017/11/10時点)
  • 配当利回り(会社予想)1.07%(2017/11/10時点)

※投資についての記事も掲載しておりますが、このサイトは投資を推奨するものではありません。投資はリスクが伴いますので自己責任でお願いいたします。

スポンサーリンク