注意!つみたてNISAでスポット購入はできません

2017年11月16日

チャート

金融庁のHPで公開されているつみたてNISA関連の資料の中に「導入直前!「つみたてNISA」の制度概要 資料」というのがあります。

一応ざっと目を通してみたのですが、そこで気になったのが、つみたてNISAの買付け方法。

少し抜粋してみましょう。

つみたてNISAに関するよくあるご質問(FAQ)より抜粋

毎月買付けを行う必要があるのか。

つみたてNISAでは、「定期的に継続して」(租税特別措置法第37条の14⑤四)買付けを行う必要があり、ここでいう「定期的に継続して」とは、例えば以下のような場合が想定されています。

・毎月の頻度での買付け
・毎営業日や週に1回(特定の曜日)、2カ月に1回の頻度での買付け
・年2回のボーナス月のみの頻度での買付け

つみたてNISAは「定期的に継続して」買付けをしないといけないと定められています。

つまり、つみたてNISAではスポット購入はできません

ただし、たまたま残高不足により買付ができなかったとしても、それは問題ないそうです。(確認済み)

決められた契約通りに購入していくという制約があるのって、みんな知ってるんでしょうか?

myu
myu
わかってなかったのわたしだけ?
myu
myu
「休むも相場」もできないってことよね

分配金再投資はできるのか。

年間の非課税投資枠(40万円)の範囲内であれば、つみたてNISAで買い付けた公募投信やETFから生じる分配金により再投資が可能です。

なお、年間の非課税投資枠(40万円)を超過する分は、課税口座での買付けとすることも可能となっています。

スポット購入ができないとなると、年間の非課税枠が40万円だから

月々 3万円ずつ積み立て
ボーナス時 +2万円スポット購入

合計 40万円の枠消化

なんてことができないってことですよ。

もう1つ気になるのがスイッチングで枠消費

個人投資家さんからの要望の第5位にあげられている要望が

NISA口座内で、保有商品を売却し、他の商品へ入れ替えると(スイッチング(リバランス))、その年の非課税投資額を新たに利用することになります。非課税投資額を消費せずに、商品の入れ替えを可能として欲しい。

つみたてNISAで購入した商品を、売却して入れ替える場合には、非課税枠を消費してしまうんです。

例えば、先進国株50%、新興国株50%のアセットアロケーションを作っていたとして、先進国が景気が良くて先進国株70%、新興国株30%になったときに、先進国株を売って新興国株を買い、当初の割合の50%ずつに戻すという作業をリバランスといいます。

投資はタイミングではなくアセットアロケーションの与える影響が大きいというのは、インデックス投資本を見るとよくいわれていることです。

だから、インデックス投資をするときはアセットアロケーションを決めて、リバランスしながら投資していくのがいいんですね。

もし、現状通りリバランスで非課税枠を使ってしまうのであれば、最初から つみたてNISA ではバランスファンドを選択しておくと、ファンド内で自動的にリバランスしてくれるのかなと思います。

myu
myu
思ったけど、つみたてNISAってバランスファンドはあるけど債券ファンドがないのね

※投資についての記事も掲載しておりますが、このサイトは投資を推奨するものではありません。投資はリスクが伴いますので自己責任でお願いいたします。

スポンサーリンク