やっと金融資産が900万円を超えました!30代資産900万円個人金融資産の内訳を公開

2017年10月29日

わが家の金融資産内訳

みなさんこんにちわ、なんちゃって節約ブロガーのmyu(@myulog)です。みなさんの資産は順調に増えていますか?

わが家の資産はマイナスからのスタートだったので、正直言って人よりも遅れています。

ちなみに、うちがマイナススタートだった理由はこちらで。

そんなスロースターターのわが家ですが、現在の金融資産は

現在の金融資産 9,050,253円

となりました。

10,000,000円まであと949,747円です。

貯金の目標としては、まずは100万円、次に300万円、更に500万円、そして1,000万円というのが節目ではないでしょうか。

そんな節目の1,000万円まであともう少し。

早く到達したいという気持ちの焦りもありますが、気持ちだけが焦ってさほど資産が増えていかない最近の家計事情に少しイライラした気持ちもあります。

900万円というのもキリのいい数字ですから、現在の金融資産の内訳や今後の方針などについて少しまとめてみました。

わが家の環境

  • 住居 賃貸暮らし(家賃6.3万円)
  • 年齢 30代後半
  • 年収 600万円台
  • 資産額 900万円
  • 働き手 夫のみ(妻 専業主婦)
  • 子ども 高校生1人、小学生1人

わが家の現在の金融資産内訳

今年の7月までは、個人向け国債や海外ETFを少し持っていたのですが、現在は売却し、投資信託を20万円ほど持っているだけになりました。

個人向け国債はほとんど利子がつかないので売却。

海外ETFは、積み立てをするにはちょっと面倒なので、今後はスポットで買うときには使おうと思うのですが、一旦利益確定しました。

といっても数万円の利益でたいした足しにはなりません。

さて、わが家の現在の金融資産の内訳ですが、典型的な日本人の資産配分と似ています。

わが家の金融資産内訳

  • 普通預金と定期預金で74.7%
  • 貯蓄性の保険が23%
  • 投資信託が2.2%

ちなみに、貯蓄性の保険は来年満期になるのが105万円ありますから、来年は更にキャッシュ比率が高くなってしまいます。

まだ資産が小さいですので、小さいうちはキャッシュ比率は高くていいと考えていますが、ちょっと高すぎるような気がします。

myu
myu
もう少し投資に振り向ける金額を増やすか何かしないとね。

目標とする金融資産内訳

夫が定年退職するまでに作りたい目標とする資産は6,000万円です。

自分で作っているライフプラン表通りに貯金ができれば、このまま貯金だけで資産形成ができそうなんですよね。

ライフプラン表

自作のライフプランでは、今現在の収入と支出でライフイベントを入力して作ってみました。

退職金を現在もらっている人の3割減として入力。

定年間際に6,000万円近くの資産が作れる予定となっています。

myu
myu
予定通りいくといいなぁ。

わが家のライフプランでは、グラフを見てわかる通り、2025年は子どもが大学生になって教育費がかかるのと、車の購入が重なるので資産が減少する年があります。

また、定年後は収入が減るのでそれも加味してライフプラン表を算出しています。

老後の生活費は年金ですが、年金も現在の1/3減で。

少なめに見積もってもこれくらいの資産が築ければ老後はさほど心配ないのではないでしょうか。

myu
myu
たくさんありすぎてもどうせ相続税で国から召し上げられるだけだしね。

財産3分法を目指す

昔からよく言われているのが財産3分法。

保有する財産を性質の違うものを組み合わせて分散することでリスクを分散する方法です。

わたしも目指す目標は財産3分法。

「現金・債券」「不動産」「株」の3つの異なる財産を2,000万円ずつ所有するのがリタイヤまでの目標としています。

目標とする資産内訳

現在を比較してみると

myu
myu
遠いねぇ~

と、目標達成の山はまだまだ遠いようです。

不動産に関しては、今取得して住宅ローンを支払っていくのか、定年後に現金一括で取得するのか、2つの道がありますが、今のところ住宅購入の予定はありません。

まとめ

  • ライフプラン表を作ると目標が見えてくる
  • 財産3分法を知っておこう
  • キャッシュ比率が高いので今後の検討課題とする

※投資についての記事も掲載しておりますが、このサイトは投資を推奨するものではありません。投資はリスクが伴いますので自己責任でお願いいたします。

スポンサーリンク

家計簿

Posted by myu