ゴールド免許センターで免許更新-混み具合と所要時間報告-

ゴールド免許の更新

前回もゴールド免許だったのですが、今回も無事故・無違反でゴールド免許の更新となりました。

前回、免許の更新に行ったときは、自動車運転免許試験場で受けたのですが、数年前に優良運転者免許更新センターというのができたようなんです。

名前の通り、優良運転者免許更新センターは、ゴールド免許の人が更新できる施設。

免許試験場で受けるとすごく混んでいて、人の多さと、待ち時間の長さに参ってしまいますが、ゴールド免許センターはどうなのか、混み具合と実際にかかった所要時間を報告します。

お住いの地域によって、混み具合や所要時間はもちろん違ってきますので一例としてご参考ください

ゴールド免許センターでの免許更新に必要なもの

ゴールド免許センターでの免許更新で必要なものは、通常の免許更新と変わりません。

必ず必要なもの

  • 運転免許証
  • 運転免許更新のお知らせ(はがき)
  • 手数料
  • その他 高齢者講習を受講された方は「高齢者講習修了証明書等」

場合により必要なものは、運転免許更新のお知らせ(はがき)参照ください。

ゴールド免許センターで更新手続きができる日

ゴールド免許センターはいつも開いているわけではありません。

運転免許の更新のお知らせに場所と更新手続きができる曜日の記載がありますから、必ず確認しましょう。

また、ゴールド免許センターで更新ができる方は、運転免許更新のお知らせ(はがき)の『更新後の運転免許証の有効期間等』が5年(金色)の方のみです。

その他の方は、通常の自動車運転免許試験場となります。

たまに、ゴールド免許センターに青色免許の方が来られるそうなのですが、青色の人はゴールド免許センターでは免許の更新ができませんのでご注意ください。

ゴールド免許センターの平日・昼間の混み具合

地方都市在住
免許更新に行った時間
平日 13:00~

朝はゆっくりしたいので、午前中の部ではなく午後の部に参加しました。

開始時刻の10分前に到着。

最初に入り口で受付番号を渡されるのですが、同じスペースにいる人数は40人ほどでしょうか。

試験場だとごった返すくらいの人がいますが、ゴールド免許センターはそれほどでもないですね。

人数が多いと待ち時間がすごく長いですが、これくらいだと、待ち時間も少なそうです。

また、平日の昼間ということもあり、更新される方は、70歳以上の方が14~5人、それから、女性の方が多かったです。

ゴールド免許センターの所要時間報告

まず、ゴールド免許センターでの流れは

  1. 受付番号をもらう
  2. 免許証のコピーと用紙をもらう
  3. 用紙2枚に記入
  4. 手数料を支払う(3,000円)
  5. 視力検査
  6. 写真撮影
  7. 講習 30分

このような流れでした。

受付番号をもらってから、写真撮影までが30分。

講習が30分で計1時間の所要時間と、運転免許試験場よりもかなり時間が短いように感じます。

運転免許試験場であれば、受付で書類をもらうだけでも、ズラーっと並ばないといけないですし、視力検査のところも、何十人もの行列がいくつもできていますから。

ゴールド免許センターで免許の更新をした感想

大都市圏に住んでいらっしゃる方は様子が違うかもしれませんが、地方都市のゴールド免許センターは、更新する人の人数がそれほど多くなく、待ち時間が少ないです。

流れもスムーズでしたし、講習も30分で終了。

次回の更新もゴールド免許センターで受けられるように、無事故・無違反でいきたいです。

雑感

意外と、70歳を超えて運転免許の更新に来られていた方が多かったのには驚きました。

自分が70歳ぐらいになれば、運転するのは危ないので免許はお返ししようと、遠い未来ですがうっすらとそんなことを考えていたりするのですが、実際のご高齢の方はまだまだ現役みたいなんですよね。

「ブレーキとアクセル間違えないように!」と心の中で呟きながら、ご高齢者の事故が増えているというのがわかるような気がしました。

myu
myu
大きなお世話ですけど、周りの誰かが「もうそろそろ運転は…」と言ってあげて欲しい

※投資についての記事も掲載しておりますが、このサイトは投資を推奨するものではありません。投資はリスクが伴いますので自己責任でお願いいたします。

スポンサーリンク

特別支出

Posted by myu