はじめての株主優待目的でクロス取引-SBI証券の一般信用(5日)を利用する方法

2017年11月7日

チャート

今まで証券会社で信用口座を開設していなかったのですが、この度無事に審査が通過しまして、信用口座の開設ができました。

開設したのは普段から利用しているSBI証券です。

これで、株主優待目的でクロス取引ができるようになりました。

ということで、はじめて株主優待目的でクロス取引をやってみました。

はじめてなので間違っていることがあるかもしれませんが、そんなときはそっと、コメントでもSNSでも構いませんので教えていただけるとうれしいです。

SBI証券の信用取引には、一般信用(5日)があります。これを使うと逆日歩がかからずに優待が取れるのでリスクが低め。

けれども、競争率が高いというのがもっぱらの噂です。

8月は権利付き最終日が28日。

権利落ち日が29日。

一般信用(5日)の場合で一番早く信用取引ができるのは、22日19時からとなっていました。

SBI証券を利用した一般信用取引でのクロス取引手順

クロス取引は、寄付きまでに注文し、現物買い成り行き注文と一般信用売成り行き注文で株数を同じにしなければいけません

まずは、8月の一般信用(5日)が使える銘柄をチェックしましょう。

SBI証券優待クロス手順

SBI証券にログインして、トップの「国内株式」をクリックします。SBI証券優待クロス手順

国内株式の画面になったら、少しスクロールすると真ん中あたりに、「一般信用売り銘柄一覧」という項目があります。これをクリックします。

SBI証券優待クロス手順

信用取引ができる銘柄がでてくるので、左側の検索条件を指定します。

例えば、権利確定月が8月の優待銘柄が見たいのであれば「優待権利確定月」の「8月」をクリックします。

また、一般信用(5日)は「信用区分」の「短期銘柄」になります。

SBI証券優待クロス手順

優待権利確定月の8月を選択してみた結果です。

優待権利確定日などでソートできるようになっています。8月が権利確定月でも月末が権利確定日の銘柄もあれば、月途中が権利確定日の銘柄もありますので注意します。

一般信用の場合は逆日歩はかかりませんが、手数料がかかりますので事前チェックでは手数料負けしない銘柄を選びたいところですね。

SBI証券の一般信用取引の注文時間は19時ごろから

SBI証券優待クロス手順

SBI証券の場合、一般信用売建注文ができるのは19時頃になります。

例えば、8月月末が権利確定日の場合

一般信用売り(5日) 22日19時~可能
権利確定日 8月28日
権利落ち日 8月29日

権利落ち日に現渡で信用売りを決済。

このような流れになります。

優待クロス一般信用売り(5日)の画面遷移

優待クロス

信用売りの注文画面に行くまでの画面遷移はいくつかありますが、先ほど「一般信用(5日)が使える銘柄をチェックした画面」からもできます。

信用売りしたい銘柄の「信売」をクリックします。

SBI証券優待クロス手順

すると、注文画面になります。

  1. 株数 売りたい株数を入力
  2. 価格は「成行」を選ぶ
  3. 期日は「当日中」を選ぶ
  4. 信用取引区分は「一般(5日)」を選ぶ
  5. 取引パスワードを入力して「注文確認画面へ」をクリック

SBI証券優待クロス手順

確認画面がでて注文を発注すると「注文受付(信用新規売)」画面になります。

優待クロス現物買いの画面遷移

優待クロスの場合は、同じ株数の注文を成り行きで信用売り、現物買いをしなければいけません。

信用売りができたら、今度は現物買いを行います。

SBI証券優待クロス手順

検索窓などで、現物の個別銘柄画面にします。

「現物買」をクリックします。

SBI証券優待クロス手順

  1. 「東証」を選ぶ
  2. 株数を入力する
  3. 価格は「成行」を選ぶ
  4. 期間は「当日中」を選ぶ
  5. 預り区分「特定預り」
  6. 取引バスワードを入力して「注文確認画面へ」をクリック

注文が発注できたか確認する

「取引」→「注文照会」をクリックします。

すると、注文中の発注状況が表示されます。

注文確認

信用売り(5日)で成り行き注文。

同じ株数で現物買いの成り行き注文が入っているかを確認します。

翌日に注文が入っているかどうかを確認し、権利落ち日に現渡をすれば、優待クロスが完了です。

翌日、注文が約定しているか確認

SBI証券の画面「取引」→「注文照会」を確認します。

約定

現物買い、信用売り(5日)が成り行きで、同株数・同金額で約定していました。

あとは権利落ち日の29日に、現引きするだけですね。

雑感

ちなみに、今回は吉野家ホールディングスとイオンを優待クロスしました。

イオンの信用売りは現在も残が残っているので、そんなに焦らなくてもよかったと反省しています。手数料節約のためにギリギリまで待ってもよかったかも。

吉野屋ホールディングスは注文を入れてからすぐに受付停止になっていたので競争率が高かったようです。

補足 なぜザラ場中にクロスしてはいけないのか?

優待クロスをするときには、必ず「寄付きまでに注文し、現物買い成り行き注文と一般信用売成り行き注文で株数を同じにしなければいけません。」

なぜザラ場中にクロスしてはいけないのかというと、

信用取引の期日到来に伴う乗換が目的であったとしても、ザラ場中に行われるクロス取引は、価格形成に影響を与える可能性が高く、法令で禁止されている「仮装売買」と判断される可能性もあります。一定の理由によりクロス取引を行う際には、ザラ場中を避け、寄付で同株数を成行で発注される等、価格形成を考慮してお取引ください。

参考:注意喚起時にお客様から寄せられるご質問に対する回答の主な内容-SBI証券

法令で禁止されている「仮想売買」と判断される可能性があるからなんです。

だから、優待クロスをするときは何度も書きますが、「寄付きまでに注文し、現物買い成り行き注文と一般信用売成り行き注文で株数を同じにしなければいけません。」というルールを忘れないようにしましょう。

<一般信用(5日)を使った株主優待について>

  1. SBI証券の一般信用を使った株主優待取得の仕組みを理解する
  2. はじめての株主優待目的でクロス取引-SBI証券の一般信用(5日)を利用する方法←今ココ
  3. はじめての株主優待目的でのクロス取引ーSBI証券で現渡しをする方法ー
  4. [SBI証券 一般信用(5日)優待クロス]スタンダードプランとアクティブプランを比較
  5. 【株主優待・SBI証券】フライングクロスって何?一般信用(短期)の強制決済のタイミングと方法
  6. 端株(単元未満株)+クロス取引で長期保有株主優待を狙うってどういうこと?
  7. 単元未満株所有で長期保有株主優待を狙う裏ワザって都市伝説なの?ネットに散見する単元未満株+クロスを集めてみた
  8. SBI証券の優待クロス取引で信用買い+現引きを使って手数料を節約する方法

※投資についての記事も掲載しておりますが、このサイトは投資を推奨するものではありません。投資はリスクが伴いますので自己責任でお願いいたします。

スポンサーリンク