賃貸か持ち家かを悩むときに知っておきたい経験者の話(まとめ)を読んで

2017年10月29日

電卓

『賃貸か持ち家か、それが問題だ。』

皆さんこんにちわ、自称節約主婦のmyu(@myulog)です。(あくまで自称ね)

住宅に関しては、賃貸がいいのか、持ち家がいいのかというのは永遠のテーマですが、最近、リアルにどちらがいいのか悩んでいる最中です。

そんなときに、Twitterでお世話になっているジンさん(@jinnoren)が、『賃貸か持ち家かを悩むときに知っておきたい経験者の話(まとめ)』という記事をアップされていました。

リンク 賃貸か持ち家かを悩むときに知っておきたい経験者の話(まとめ)

迷える子羊のように、どちらにしようかはっきりと方向が定まらないわたし。

さっそく、記事を読んでみました。

賃貸か持ち家かを悩むときに知っておきたい経験者の話(まとめ)とは

たまに家計ブロガーさんたちが集まって、共通のテーマでそれぞれに記事を書いてらっしゃいます。

家計ブロガーさんですから、お金のことに関してはそれぞれ皆さん詳しいですね。他の記事も勉強になることがたくさん。

お金に知識のある方たちがどんな住まいを選んだのかというのは興味が湧きますが、さっそく読んでみましょう。

賃貸か持ち家かを悩むときに知っておきたい経験者の話に参加されている家計ブロガーさんの記事

【賃貸派】

【持ち家派】

この企画に参加された方は賃貸派よりも持ち家派の方が多いようです。

ちなみに、30代の持ち家率が全国平均でどれくらいなのかを、総務省統計局が2013年(平成20年)に発表した世帯の居住状況とその推移でみてみると

持ち家率

出典:http://www.stat.go.jp/data/jyutaku/2008/nihon/4_1.htm

<持ち家率>

30~34歳 29.8%
35~39歳 46.0%
40~44歳 57.5%

年齢が上がるごとに持ち家率が高くなり、特に30代ではグラフのカーブがきつくなっているので、住宅購入を考えるのは30代が多いという結果がでていますね。

賃貸派と持ち家派の言い分をまとめてみる

賃貸派 持ち家派
ライフプランに合わせて身軽でいたい
家よりも時間を優先したい
柔軟に引っ越しができる
メンテナンスと時間と労力を費やさなくてよい
ミニマリストはマイホームに魅力を感じない
その時々に合わせて自由に選べるのがベストな選択肢
気軽に地域を変えられなくなる
家を買うと不良債権になるのを恐れている
大きな修繕や固定資産税がかからない
生活水準に合わせて住居費を変動できる
マイホームの住み心地がいい
満足度が高い
戸建ては階下に気を使わなくて済む
階下に気を使わなくていい
コモド部屋を確保できる
老後住宅ローン返済後は住居費が少なくて済む
住宅ローンは重荷
隣人リスクはある

賃貸も持ち家も、それぞれにメリット・デメリットがありますね。

費用面でいうと、持ち家派は住宅ローンを払ってしまえばその後の住居費の負担が軽くなります。

老後のことを考えると、現役世代の時に住居費を少し多く負担し、老後の住居費を低く抑えられるというメリットがあります。

賃貸派の場合は、移転も比較的容易にできること、メンテナンスなどの臨時支出が発生しないなどの面があります。

賃貸にしろ、持ち家にしろ、住まいに関する実体験はとても参考になります。

結局何を基準に選べばいいの?

家選びはその人が

  • 小さい頃どんな住まいに住んでいたのか?
  • 住まいに求めるもの
  • 資金力

など、住まいに対する価値観によって全然違うことがわかりました。

住まいにこだわる人は、注文住宅を建てて満足していますし、住まいにこだわらない人は身軽さに心地よさを感じています。

また、移転ができるかできないかというのも大きな選択肢の1つで、仕事の都合で転勤が多い方は賃貸を選んでいますし、1つの場所に定住したい方もいます。

結局、どういう基準で住まいを選べばいいのかを、自分なりにまとめてみました。

賃貸か持ち家か

縦軸には、「住まいへのこだわりが強いか弱いか」

横軸には、「移転のしやすさ」

をとってみました。

では、わたし自身、「住まいへのこだわり」と「移転のしやすさ」について考えてみます。

住まいへのこだわり

住まいへのこだわりは、正直言ってあまりありません。

ミニマリストを目指しているわけではありませんが、ミニマリストの考え方にすごく共感するからです。

多くのモノを持たない暮らし

なんて素敵な響きなんでしょう。

でも、夫とは意見が合わないので夫婦で話し合いが必要かもしれません。

移転のしやすさ

夫の会社は転勤がありませんから、特に今住まいを固定しても問題はなさそうです。

けれども、人口減少で市はコンパクトシティ計画を立てています。

実際に、市の計画を見てみると、人口統計も掲載されていましたが、人口が横ばいの地域と人口減少する地域の差がはっきりと出ていました。

これから住まいを選ぶのであれば、老後、車がなくても問題なく暮らせる地域にしなければいけないと痛感しています。

けれども、今すぐに住む地域を固定させることがはたして正解なのかどうか。

今すぐじゃなくてもいい気がします。

となると、やはりわが家は賃貸住まいでもいいような。

雑感

とりあえず、もうしばらく賃貸でもいいかな。

※投資についての記事も掲載しておりますが、このサイトは投資を推奨するものではありません。投資はリスクが伴いますので自己責任でお願いいたします。

スポンサーリンク