お金が貯まる財布を作る!財布の中の収納を変えるとお金が貯まる

2017年9月25日

dacotaの長財布

「お財布を変えて金運アップ!」なんていうタイトルの広告や雑誌記事を目にします。

例えば

  • 財布は長財布がいい(お札を曲げないから)
  • お札と小銭入れは別々がいい
  • 財布は緑や黄色がいい

などなど、お財布にまつわる風水的な金運アップのお財布にまつわる話はいろいろとありますね。

わたしは、すごく風水に傾倒しているわけではないですが、なんとなく縁起を担ぎたい派

皆さんはどんなお財布を使っていますか?

財布でお金は貯まったりしない実例

先に結論から書きますが、借金があった頃も、お金を貯められるようになった今も、長財布を使っています

財布は長財布がいいとよくいいますが、長財布を持ったからといってお金が貯まるわけではありませんね。

また、色を緑や黄色がいいといって変えたからといって、お金の増え方が変わるわけでもありません。

縁起は担ぐ派なので、わたしが選んだ財布は長財布ですし、色も茶系なのですが、昔と今とでは、お財布との付き合い方が変わりました。

どんな財布を選ぶかよりも、お財布とどんな向き合い方をするのかが大切

ポイント

モノを整理できない人はお金の管理が苦手

モノの管理とお金の管理は似ています。
どちらも管理能力を必要とするからです。

管理能力が低ければ、冷蔵庫の管理もできませんし収納もズボらな人が多い傾向があります。

逆に、管理能力が高ければ自然と無駄遣いが少なく、自然にお金が貯まるという人もいます。

わたしは、元々ズボらな性格もあって、冷蔵庫の庫内も散らかりぎみでしたし、収納も扉を開けるとグチャっと入っていることも多かったですし、お財布の中もレシートが貯まることが多かったです。

けれども、管理能力というのは生まれ持ったものでもありますが、鍛えることもできます。

わたしのように管理能力が低くてお金の管理も苦手という方は、管理能力を高めてお金の管理ができるようになりましょ!

お財布の中身を整理してみよう

お財布の中がグチャっとしていると、運気も逃げてしまう感じがしますね。

では、お財布の中身を整理してみましょう。

  1. 中身を全部出す
  2. レシートは家計簿に書いて捨てる
  3. カードは必要なものだけを入れる
  4. 定位置を決める
  5. 元にあった場所に戻す習慣を

1. 中身を全部出す

dacotaの財布

まずは中身を全部出します。

収納を見直すときはどんな場所でもそうですが、いったん全部出してしまってから整理するのが基本です。

素材に合わせてお財布をお手入れしてあげます。

わたしの場合は使い込むほどに味を出す皮製の財布を利用しているので(笑)、柔らかい布で拭いてあげる程度です。

もちろん、革製品のお手入れ用品で手入れしてあげる方が丁寧ですけど、そういうところがズボらなもので。

2. レシートは家計簿に書いて捨てる

レシートは家計簿に書いたら捨てます。

わたしの場合、家計簿を書く頻度は1週間に1回程度。

今週を振り返る意味で、1週間に1度家計簿をつけるのですが、財布を開ければお金がたくさんでていった週なのか、そうでないのかがすぐにわかります。

たくさん使った週はレシートでいっぱいになっているので、来週は引き締めないと。

とメリハリをつけることができますから。

家計簿に書いたレシートは潔く捨てます。

3. カードは必要なものだけを入れる

カードは必要なものだけを入れるようにしていますが、定期的に見直さないと、油断するとすぐに増えてしまうんですよね。

共通ポイントカード

共通ポイントで持っているカードは

  • Tポイントを貯めるためのファミマカード
  • Ponta
  • nanaco

でも、わたしの場合あんまりコンビニを利用しないのでポイントもさほど貯まっていませんね。

4. 定位置を決める

整理整頓の基本のキ。

ポイント

定位置を決めましょう。

クレジットカードやキャッシュカードなどのカード類の定位置を決めよう

カード入れ

ポケットの左側はクレジットカード(メインカードとサブカード)

右側はキャッシュカード(メイン銀行とサブ銀行)

いつもの場所から出して、いつもの場所に戻すだけでカードが行方不明になることがなくなります。

お札や小銭も定位置を決めよう

お札も小銭も定位置を決めています。

小銭

小銭は、

  • 50円・100円・500円のグループ
  • 1円・5円・10円のグループ

この2つのグループで分けて入れるようにしています。

お釣りを受け取ったときに2つのグループに小銭を仕分けして入れておき、レジで小銭を出すときに、小さなお金もスマートに出すことができますよ。

ショップのポイントカードや診察券

財布とカードケース

そして、どんどん増えてしまう『ショップのポイントカード』と『診察券』は、わたしの場合は無印良品のカード入れに入れて整理しています。

5. 元にあった場所に戻す習慣を

お札も小銭も、カード類も、整理整頓したあとはキープするだけですね。

元にあった場所に戻す習慣がつけば、カードなどを探す時間も節約できます。

まとめ

お金が貯まる財布なんてものはありませんが、お金に好かれるお財布はだれでも作れます

  • モノの管理とお金の管理は似ている、お財布を整理して管理能力を高めよう!
  • レシートは家計簿に書いたらすぐに捨てる
  • カードは必要なものだけに
  • 定位置を決めて元にあった場所に戻す習慣を
  • お財布と向き合うことは、お金の使い方にも向き合うことです。

お財布との向き合い方を教えてくれた1冊がこちらです。

こんまりさんの『人生がときめく片付けの魔法』、有名な書籍なので読まれた方も多いのではないでしょうか。

本書の中にもお財布にまつわる整理整頓のお話がでてきます。

こんまりさんは、家から帰ってくると『バッグの中身はすべて取り出して毎日空にする』そうです。

取り出したお財布からレシートを抜き、定位置に収納。翌日、外出するときにバッグの中身を入れることでバッグの型崩れを防ぎ、お財布の中身もバッグの中身もリセットするのです。

『さすがこんまりさん、素晴らしい!』と感嘆したものでした。

(実践してみたのですが、ズボらなわたしにはちょっと無理でした。丁寧に暮らすのって難しいですね。)

皆さんもお財布の中身を整理して、お金との向き合い方をリセットしてみてはいかがでしょうか?

dacotaの長財布

↑お気に入りのダコタの財布。お値段もお手軽だし、手触りもいいし、お気に入りの逸品です。

※投資についての記事も掲載しておりますが、このサイトは投資を推奨するものではありません。投資はリスクが伴いますので自己責任でお願いいたします。

スポンサーリンク