[朗報]住信SBIネット銀行の為替コスト値下げ 15銭→4銭へ

2017年9月1日

外貨

住信SBIネット銀行の為替両替手数料(為替スプレッド)が2017年8月10日(予定)から変更になります。

外貨普通預金・外貨定期預金

通貨 変更前為替コスト 変更後為替コスト
1米ドルあたり 15銭以下 4銭以下
1ユーロあたり 15銭以下 13銭以下
1英ポンドあたり 40銭以下 28銭以下
1豪ドルあたり 30銭以下 25銭以下
1ニュージーランドドルあたり 30銭以下 25銭以下
1カナダドルあたり 40銭以下 25銭以下
1スイスフランあたり 40銭以下 28銭以下
1香港ドルあたり 7銭以下 5銭以下
1南アランドあたり 15銭以下 14銭以下

外貨積立

通貨 変更前為替コスト 変更後為替コスト
1米ドルあたり 5銭以下 4銭以下
1ユーロあたり 15銭以下 13銭以下
1英ポンドあたり 40銭以下 28銭以下
1ニュージーランドドルあたり 30銭以下 25銭以下
1カナダドルあたり 40銭以下 25銭以下
1スイスフランあたり 40銭以下 28銭以下
1香港ドルあたり 7銭以下 5銭以下
1南アランドあたり 15銭以下 14銭以下

※外貨積立における豪ドルの為替コストは変更ありません。

SBI証券で両替するよりも住信SBIネット銀行で両替してハイブリット預金に振り替える方が手数料が安い

SBI証券で海外株や海外ETFを購入する場合に、為替コストを節約する方法として知られている方法が2つあります。

  • 住信SBIネット銀行の外貨預金で両替してSBI証券へ外貨入出金サービスを使って移動させる方法
  • FXαを利用してFX口座から現引きする方法

直接、SBI証券で両替するよりも、住信SBIネット銀行やFXαを利用する方が為替コストが安いからです。

例えば、SBI証券で直接円からドルへ両替すると現在は±25銭かかりますが、住信SBIネット銀行であれば、今までは±15銭、FXαの場合は±0.5銭でした。

それが、今回、8月10日から住信SBIネット銀行の為替コストが値下げになり、ドル円が±4銭以下ということなので、これは外貨に投資する人にとっては朗報ですね。

2017年8月10日より

米ドル為替スプレッド 通貨 備考
SBI証券 ±25銭 17通貨 約定タイミングは毎営業1日2回
住信SBIネット銀行 ±4銭 7通貨 注文方法はリアルタイム・ウィークエンド・指値注文が可能
FXα ±0.5銭 米ドルのみ 1万通貨単位

 

※投資についての記事も掲載しておりますが、このサイトは投資を推奨するものではありません。投資はリスクが伴いますので自己責任でお願いいたします。