アウトレットで買った13,800円のランドセル、6年経った現在の姿

2017年8月22日

ランドセル

来年、小学校を入学される方はそろそろランドセルを探されている季節ではないでしょうか。

最近はランドセル商戦もだいぶ前倒しされるようになりましたよね。

以前はもっと遅かったようですが、今だと夏休みぐらいにはもう来年進学されるお子さんのランドセルを販売しています。

価格帯も、ニトリやイオンなどの低価格帯のものから、5万円~6万円の中間価格帯、10万円以上もする高価格帯など幅も広く。

また、ニュースなどを見ると『ランドセルは祖父母に買ってもらう』方も多いようです。我が家ではそういうことはなかったので、孫のためにランドセルを買ってくれる祖父母がいらっしゃるなんて羨ましいですね。

さて、今回はわたしが購入した6年前のランドセルについて書いてみたいと思います。

娘のランドセルにアウトレットのランドセルを選ぶ

うちの娘は今年小学校6年生になりました。

ランドセルもかれこれ6年も使っています。

6年前といえば、翌年に上の子の中学校入学も控え、蓄えもそれほどなく、困窮していました。

正直言って、5~6万円もするランドセルなんてムリムリ。

どうにか安く済まそうと、イオンやニトリの売り場を見に行ってみたり、ネット通販を見てみたりしましたね。

そして、娘に購入したランドセルは、ネット通販で購入したアウトレット商品。価格が、なんと破格のアウトレットのランドセル13,800円(税込み・送料込み)でした。

アウトレットのランドセルでごめんね…。

と思いつつ、それでも本人の希望をできるだけ聞いて購入したランドセルです。

アウトレットといいましても、中古ではありません

ランドセルは毎年新商品が登場するのですが、すると去年のデザインは型落ちになります。

その型落ちしたランドセルがアウトレットとしてネット通販で売られているんですね。

だから、デザインにそれほどこだわりがなければ、「セイバンの天使のはね」や「ハシモトのフィットちゃん」などの商品がアウトレット価格で手に入ります。

ちなみに、うちが購入したのは「セイバンの天使のはね」

では、実際に6年間使用したアウトレットのランドセルがどうなっているのか見てみましょう。

アウトレットで購入したランドセルの今

アウトレットのランドセルその後 アウトレットのランドセルその後

iPhone5s撮影

iPhoneのカメラがいいのか全然古ぼけて見えないですが、実物を見ると6年間も使っているのでやっぱり少し痛みはあります。

でも、女の子だからでしょうか。

上の子のときは6年生のランドセルはもうすでにボロボロでしたが、娘のランドセルはまだまだ使えそうな感じです。

アウトレットのランドセルその後 アウトレットのランドセルその後

金具の部分も壊れやすいところなのですが、別段問題ありません。

また、蓋を開けた部分も写真の通りきれいなものです。

気になるとすれば、

背中に当たる部分の黒ずみぐらいでしょうか。

アウトレットのランドセルその後 アウトレットのランドセルその後

一番当たる部分ですし、これくらいは6年も使っているのだから汚れるのはしかたがありません。

結論:アウトレットのランドセルは価格が安いが品質は問題ない

アウトレットのランドセルを買ってみた感想

アウトレットのランドセルといっても、うちが購入したのは『セイバンの天使のはね』

安定のブランドですし、商品がしっかりしているので、全く問題なく6年間使用できています。

最近のランドセルは、リボンがついていたり、刺繍がしてあったりしてかわいいですけど、娘はシンプルなデザインを好むものですから逆に良かったです。

こんな人にアウトレットのランドセルをすすめたい!

ランドセルって定価で購入するとすごく高いです。

ランドセルを買ってくれる祖父母がいないシングルマザーの方や、以前のうちのように借金で生活が困窮している方、非正規雇用で所得の少ない方など、無理して高いランドセルを買う必要はありません。

子供にお金をかけること≠愛情を注いでいること

ここは、子供の希望をできるだけかなえてつつ、安価で済ます方法もあります。

「ランドセルが買えないから学校を休ませている」というニュースが以前話題になっていましたし。

一番安いアウトレットのランドセルは8,000円台からあるので探してみてはいかがでしょうか?

※投資についての記事も掲載しておりますが、このサイトは投資を推奨するものではありません。投資はリスクが伴いますので自己責任でお願いいたします。

スポンサーリンク