2017年夏の資産額と資産推移を公開

2017年9月3日

資産推移表

半年に1度や1年に1度、家計の純資産を把握することで、家計が健全な状態にあるのかどうか確認するのはとても大切です。

家計の純資産を把握するメリットとしてあげられるのは

  • モチベーションのアップ
  • 実績の確認
  • 資産配分の割合の確認

などがあります。

我が家の場合は資産といえるほどまだ貯蓄は貯まっていませんが、半年に1度程度このブログで公開しながら、振り返りと確認作業を行っています。

2017年夏の我が家の資産・負債・純資産

まずは、家計の資産・負債・純資産です。

資産の部 負債の部
金資産融 預金(普通)  1,182,043 その他借入金 0
預金(定期) 4,578,122
個人向け国債  500,000
海外ETF  58,555
貯蓄性の保険  2,093,428
その他の金融資産 470,340
金融資産合計  8,882,488 負債の部合計  0
実物資産 その他の実物資産  980,000 純資産の部 
純資産  9,862,488
(うち正味金融資産)  9,862,488
実物資産合計  980,000
資産の部合計 9,862,488 負債の部+純資産の部 9,862,488

現預金などの金融資産の合計は、8,882,488円。
車を所有しているので実物資産の評価額は、980,000円。
負債はローンなど一切無いので0円。
我が家の純資産、 9,862,488円。

※車の評価額は価格.comの買い取り価格を参考にしました。

半年前と比較すると

2016年冬 2017年夏
金資産融 預金(普通)  1,146,328 1,182,043 35,715
預金(定期) 4,017,610  4,578,122  560,512
個人向け国債  500,000  500,000  0
海外ETF 200,000   58,555  △141,445
貯蓄性の保険  1,999,080  2,093,428  94,348
その他の金融資産 0  470,340  470,340
金融資産合計  7,863,038 8,882,488  1,019,450
実物資産 その他の実物資産  970,000 980,000 10,000
合計 8,833,038 9,862,488 1,029,450

半年で金融資産が約100万円増という結果になりました。

以前は年間100万円を貯めるのにも、かなり四苦八苦していました。けれども、今年は主人の収入があがってきたのもあり、子供の塾代がなくなったのもあり、臨時支出も少なめで貯め年となっています。

目的別貯金の進捗状況確認

金融資産を目的別に分けてみると、進捗状況が確認できます。

項目 目標 現在 備考
いざという時のため 132万円 132万円 達成
普通預金or2週間満期預金
車購入資金 180万円 58万円 10年後を目標
定期預金
支度金 50万円 50万円 達成
学資保険+定期預金
教育資金(下の子) 400万円 400万円 達成
学資保険+定期預金
老後資金 3,000万円 248万円 ←今ココ
合計 3,762万円 888万円

金融資産をいざという時の資金(生活費半年分)と将来に使うまとまった支出の目的別に分けてみると、教育資金は確保できていて、現在は老後資金を貯めています。

老後資金の目標を一般的によく言われている3,000万円に設定していますが、現在の進捗状況は248万円。こうやって目的別に分けてみると、まだまだ目標には程遠いです。

資産額推移表

うちは、お恥ずかしい話ですが結婚当初は借金がありました。人に名義貸ししてその借金を被ったりなどして、マイナス500万円からのスタートです。

年間100万円ずつを目安に返済して、5年程度で借金を完済。

その後も、借金返済をしていたときの生活水準をキープし現在に至ります。

ただし、貯金が増えてくると少し気が緩んでしまって、停滞する年もありました。

また、2015年には車を現金一括購入したのでこの年だけは貯蓄が増えませんでした。

こうやってみていくと、積み重ねというのは本当に力になるもので、最初はマイナスだった資産が現在はプラスで順調に増えています。

マイナスだった頃は、精神的に追い詰められていた時期もありますが、今は心にゆとりを持つことができています。

ポイント

継続は力なり

運用について

投資には以前から興味があったので、昨年の8月頃から毎月5万円ずつドルを購入して、買い付けたドルで海外ETFを購入していました。

SBI証券のロボアドバイザーWealthNavi[ウェルスナビ]で運用プラン無料診断をやってみた

積立投資というのが継続が基本なのですが、どうも雲行きが最近怪しそうなので、一旦利確しました。

利確といっても、50万円の運用で3万円程度(6%)の利益ですからたいしたことはありません。

海外ETFはNISA枠を利用してSBI証券で買い付けを行っていたのですが、取引を一巡行った感想をまとめてみると

  • SBI証券でNISA枠で海外ETFを購入すると買付手数料は無料だが、売却には手数料がかかる
  • 為替差益は課税対象。主婦の場合、雑所得38万円を超えると確定申告が必要(会社員の場合は年間20万円)
  • 為替と海外ETFの購入タイミングをずらすことができる

実際に取引を一巡してみてわかったこととすれば、NISA枠でも海外ETFの売却手数料はかかること。

積立投資はわたしのように気まぐれな人にはちょっと向いていないのかも。

なんてことを思いました。

投資はもう少し勉強しながら、たまに練習しながらマイペースにやっていこうと思います。

金融資産1,000万円まであと112万円

※投資についての記事も掲載しておりますが、このサイトは投資を推奨するものではありません。投資はリスクが伴いますので自己責任でお願いいたします。

スポンサーリンク

家計簿

Posted by myu