楽天モバイルの事務手数料3,394円(税別)を節約する方法

2017年9月30日

エントリーコード

前回の記事では、ソフトバンクから「ソフトバンクから楽天モバイルへ乗り換える手順 準備編」ということで、乗り換えるときの手順をまとめました。

今回は、実際にウェブから楽天モバイルに申し込みをします。

エントリーコードについて復習

格安SIMへ乗り換えるときは、転出元のMNP事務手数料や転出先の事務手数料など初期費用が必要になります。

せっかく格安SIMに乗り換えて月額料金を節約するのですから、初期費用もできるだけ抑えたいところ。

そこで、初期費用を節約する方法を調べてみました。

まず、楽天モバイルの初期費用は、普通に申し込みをすると事務手数料3,394円(税別)がかかります。

けれども、知っている人は知っている「エントリーコード」というのがあるのです。

エントリーコードを利用すると、本来かかる事務手数料がなんと無料

これは使わない手はないです。

ただし、エントリーコードを利用した場合には一部のキャンペーンが利用できない場合があるので注意が必要です

エントリーコードを使うことで、本来キャンペーン適用で割引されるはずだったキャンペーンが適用外になってしまうことがあるからです。

例えば、エントリーコードを利用したために、初回の月額料金無料キャンペーンが適用されなかったというケースがあります。

エントリーコードを使うと初回より月額基本料が発生しますが、エントリーコードを使わなかった場合は、月額基本料金が1カ月無料というキャンペーンの適用になる場合があります。

ここでのポイントは、事務手数料と月額基本料金とを比較してどちらが高いか。

契約は月単位となって利用料金の日割りは行われませんから、事務手数料よりも月額基本料金が高いプランに加入する場合はエントリーコードを使わない方がいいです。

月額料金無料のキャンペーンを受けた方がお得になるケースです。

また、併用できるキャンペーンと、併用できないキャンペーンがありますから、現在行われているキャンペーンがエントリーコードを使った方がいいのかどうかはご自身で確認するようにしてください。

ポイント
  • エントリーコードを使うと事務手数料が無料になる。
  • 他のキャンペーンと併用できない場合があるので、キャンペーンの内容によってはエントリーコードを使わない方が得なケースもある

申し込み前に準備するもの

※エントリーコードはWeb申し込みのみに利用ができ、店舗では利用できません。

楽天モバイルのエントリーコードはAmazonで販売されています。

エントリーコードを利用する場合は、先にAmazonでエントリーパッケージを購入しましょう。エントリーパッケージは432円で販売されているので、事務手数料3,394円(税別)の差額分がお得になります。

楽天モバイルに申し込むときに必要なものは、

  • エントリーコード(Amazonで事前に購入しておく)
  • 本人確認書類
  • 楽天会員ログイン用のユーザーIDとパスワード
  • MNP予約番号

本人確認書類は、WEBから画像データとしてアップロードする必要がありますので、免許証などを画像にとっておきます。

楽天モバイルは楽天スーパーポイントでの支払いもできますし、楽天モバイルを使ったときにも楽天スーパーポイントが貯まるので、楽天会員ログイン用のユーザーIDとパスワードも用意しておきます。

※MNPする場合は、予約番号が必要になります。事前に有効期限が10日以上残っているMNP予約番号を取得しておきます。

ポイント

スムーズに申し込みをするためには、事前準備が大切
必要なものを揃えてスムーズに申し込みをしましょう。

申し込みの流れ

家族や友達から紹介してもらうと、紹介した人に3,000ポイントもらえるキャンペーンが実施されていますので、できれば紹介で加入した方がお得ですね。

わたしの場合は主人の紹介で加入しようと思いますので、事前にわたしのメールアドレスに紹介コードを送ってもらいました。

招待してもらう人がいない場合はこちらからどうぞ。

リンク  楽天モバイル エントリーとお申込で、ご契約中楽天市場でのポイントが、ずーっと2倍!

手順1.紹介コードをクリックして楽天モバイルWebサイトにアクセス

エントリーコードを使って申し込み

手順2.エントリーパッケージを選択して申し込む

エントリーコードを使って申し込み

今回はエントリーコードを利用して加入するので、申し込み画面で「エントリーパッケージを利用」を選んで、「エントリーコード入力画面へ」をクリックします。

手順3.エントリーコードを入力して申し込む

エントリーコードを使って申し込み

エントリーコードを入力して「お申し込みへ進む」をクリックします。

その後は、画面の流れに従って申し込みをしました。

WEBでの申し込みが完了すると、「[楽天モバイル] お申込完了のお知らせ」メールが届きます。

そこに記載されているとおり、

【1】登録したメールアドレスの認証のために、メールに記載のURLにアクセスしてメールアドレスの認証を行います。
【2】ご契約者 本人確認書類の画像アップロードを行います。

手続きはこれで完了です。

あとは、開通を待ちます。

今回の申し込みでどれくらい節約になったか計算してみた

  • 夫から友達紹介で加入→夫へ楽天スーパーポイント3,000ポイント
  • 楽天モバイルの事務手数料3,394円(税別)がエントリーコードを利用したので432円で済んだ
  • 加入したプランの月額料金が6ヶ月間1,000円引き(キャンペーン中だったので)

ソフトバンクから楽天モバイルへMNPしてどれくらいダウンサイジングできたか計算してみました。(端末は自分で用意)

<比較結果>

ソフトバンク 楽天モバイル
ソフトバンクMNP転出 3,240円
楽天モバイル初期費用 432円(エントリーコード代)
月額利用料(1年間) 4,000円×12ヶ月=48,000円 250×6ヶ月+1250×6ヶ月=9,000円
合 計 48,000円 12,672円

ソフトバンク携帯は「ホワイトプラン+パケットし放題 for 4G LTE」だったのでだいたい月々4,000円程かかっていました。

楽天モバイルはキャンペーン期間中で最初の6ヶ月間は1,000円引きとなるので、月々250円。

1年間で節約できる金額を計算してみたところ、35,328円の節約(+夫に楽天スーパーポイント3,000ポイントが入る)になる計算になりました。

キャリア携帯から格安SIMへ変更するだけで、年間3万5千円以上が節約となりました。

電気代で3万5千円節約しようとするとかなりの労力が必要となりますが、格安SIMへの乗り換えなら、一度やってしまえばそのあとはほったらかしで節約効果が続きます。

ポイント

通信費の節約は、まずは携帯電話代の見直しがおすすめです。

※投資についての記事も掲載しておりますが、このサイトは投資を推奨するものではありません。投資はリスクが伴いますので自己責任でお願いいたします。

スポンサーリンク