ふるさと納税ニッポン! 2017夏号掲載のお知らせ

2017年11月14日

ふるさと納税ニッポン!2017

マキノ出版から5月25日(木)に発売された『ふるさと納税ニッポン! 2017夏号』の取材協力させていただきました。

<出版社の方へ>

今回お声をかけてくださった出版社の担当の方、ありがとうございました。

ふるさと納税ニッポン! 2017夏号について

ふるさと納税ニッポン! 2017夏号は

「生産者のこだわり」や「商品の背景(ストーリー)」が基準以上の「本当に紹介したい」特産品だけを厳選しています。ただ量が多いだけ、お得なだけの特産品はお勧めしていません。
それを可能にするのは、毎号、優に100を超える自治体・生産者に直接「取材」ができる、本誌編集部だからこそ。この最新号も「知られざる逸品」ばかり。アナタの知らない「すごいストーリー」を持つ特産品が満載です。

ふるさと納税に関する書籍はたくさんでていますが、「ふるさと納税ニッポン!」の2017年夏号では、総務省の「3割通達」に対応した最新版です。

「100%取材主義」ということで、掲載されている特産品の生産者や担当者の方一人一人に取材をされているとのこと。

ふるさと納税のランキングは還元率でランキングされることが多いですが、違った視点で探してみるのも面白そうですね。

普段はいつもお米を頼むふるさと納税なのですが、こういう本を見ていると、もっと違うものにも挑戦してみたいと思う気持ちがフツフツと沸いてきます。

本誌で気になったのは、

  • 【恒例】100人のクチコミ評価・最新版
  • 玉村豊男さん特別インタビュー「日本ワインと日本チーズ」
  • 本誌だけの特集限定1000セット!

【恒例】100人のクチコミ評価・最新版

やっぱり他の人がどんな返礼品をもらっているのかとても気になります。

本誌では100人のクチコミ評価が掲載されていて、わたしが特に気になったのは「手作り味噌キット(野田琺瑯の容器付き)」

野田琺瑯の容器がついた手作り味噌キットなんてあったのかと、魅力的な返礼品がまだまだたくさんありあそうです。

玉村豊男さん特別インタビュー「日本ワインと日本チーズ」

日本のワインとチーズというとあまり購入したことがありませんでしたが、本誌の特集を見てみると、「日本のワインとチーズも試してみたい」と思わせる特集でした。

本誌だけの特集限定1000セット!

また、本誌だけの特集限定1000セットということで、ノミネート自治体のすべての掲載特典は原則として『ふるさと納税ニッポン!』読者限定で10名分が確保されています。(※プレゼントではなく通常の寄付申し込みが必要)人気の品ばかりなので競争率は高そうです。

ちなみに、わたしの取材を受けたページはp134に『ふるさと納税で貯金アップ!』に掲載されています。1ページも使っていただいて感謝です。

手にとっていただけるとうれしいです。

「ふるさと納税ニッポン!」のウェブサイトにクチコミ投稿して掲載されるとQUOカード500円分がもらえます。

追記 新刊本『ふるさと納税ニッポン!2018冬号』が
大好評発売中です。

最新号は、増ページに増ページを重ねた、感謝の特別号。
皆様に紹介したい「知られざる逸品」を求め全国を駆け回ったところ、
なんと268ページに!
あなたの知らない「すごいストーリー」を持つ特産品を、
ふるさと納税を通して堪能してみてください。

目次
◆【大特集】初心者のための「ふるさと納税」入門
◆【超簡単】手取り足取り「確定申告」ガイド
◆【恒例】100人のクチコミ評価・最新版
◆【極上】まだ間に合う! 注文殺到のおせち料理
◆【金森重樹さん】「絶対得する」返礼品はこれだ
◆【OK?NG?】利用率97%! 「感謝券」のゆくえ
◆【妙手】返礼品競争に一石を投じる「文京区」に注目!
◆【年末年始】「ポイント制」が断然オトク!
◆【本誌特典】品切必至の特産品3000セット確保!
◆「地方調査員」が勧めるベスト10
◆2018冬「クチコミ大賞」ノミネート自治体の発表

『ふるさと納税ニッポン!2018冬号』内でふるさと納税の入門ガイドページを監修された叶税理士法人の叶温先生の「ふるさと納税計算ソフト」が、現在無料配布中です!
http://tax.kanae-office.com/keisan.html

医療費控除や、給与以外の所得まで入力できる!
一発で上限金額をはじき出せる「ふるさと納税計算ソフト」のダウンロードはコチラ!
https://f.msgs.jp/webapp/form/16349_vey_66/index.do
ふるさと納税の限度額を詳しく知りたい方は必見です(#^^#)

※投資についての記事も掲載しておりますが、このサイトは投資を推奨するものではありません。投資はリスクが伴いますので自己責任でお願いいたします。

スポンサーリンク