【マメ知識】意図的に楽天でんわアプリを使うための設定方法と楽天でんわアプリの実感

2017年9月30日

【マメ知識】意図的に楽天でんわアプリを使うための設定方法と楽天でんわアプリを使ってみた感想

主人の携帯は楽天モバイルを利用していて、『楽天でんわ5分かけ放題 by 楽天モバイル(以下「楽天でんわ5分かけ放題」)』のオプションに加入しています。

『楽天でんわ5分かけ放題』のオプションに加入すると

  • 月額850円(税別)で5分以内の国内通話料が何度でもかけ放題になる
  • 5分を超えると30秒10円でキャリアの一般的な通話料(30秒20円)よりも安い
  • 電話番号はそのまま使える

というサービスです。

主人の場合は、仕事関係で電話をかけることが度々あるので、電話番号をそのまま使えて通話料金が安くなるのは助かります。

ただし、『楽天でんわ5分かけ放題』を利用するためには普通の『電話アプリ』が使えません。

楽天でんわ5分かけ放題を利用するためには

  • 電話をかけるときに先方の電話番号の前に「003768」をつける
  • 『楽天でんわアプリ』を利用する

どちらかの方法で電話をかけなければいけません。

もし、これを忘れてしまうと通常通り30秒20円の通話料金がかかってしまうので、何のために『楽天でんわ5分かけ放題』のオプションをつけているのかわからなくなってしまいます。

でも、これって最初は慣れないので絶対に間違えそうですよね。

主人に楽天アプリで電話するように念押ししてみた結果

妻: 絶対に『楽天でんわアプリ』を使ってよ!じゃないと電話料金が高くなっちゃうから!

夫:ふっ、そんなこと言われなくてもわかってるよ。
iPhoneのステータスバーの『電話アプリ』を『楽天でんわアプリ』に変えたから大丈夫!

妻: え?そんなことできるの??

【楽天でんわを使うときのマメ知識】電話アプリで電話をかけないように気をつけて意図的に楽天でんわアプリを使う方法

iPhoneで電話をかけるときはステータスバーの電話アプリを起動して電話をかけますが、楽天でんわ5分かけ放題に加入すると『楽天でんわアプリ』から電話をかけなければいけません。

(もしくは「003768」をつける方法があるけど現実的には『楽天でんわアプリ』を使っていると思う)

iPhoneを長く利用していると、電話をかけるときはついついステータスバーの『電話アプリ』を使ってしまうと思います。

そんなときは、ステータスバーにある『電話アプリ』を『楽天でんわアプリ』に変えてしまいましょう

ステータスバーの部分は固定で動かせないと思っていたあなたにおすすめです!

知らなかったのわたしだけ?

【手順】楽天でんわアプリをステータスバーへ移動する方法

普通のアプリを移動させる方法と同様です。

楽天でんわアプリをステータスバーへ移動する手順1

  1. 適当なアイコンをロングタップ(長押し)します
  2. アイコンがゆらゆらとゆれているのを確認します

楽天でんわアプリをステータスバーへ移動する手順2

  1. ステータスバーの『電話アプリ』をタップしながら移動させます
  2. 『楽天でんわアプリ』をステータスバーへ移動させます
 こうやって『楽天でんわアプリ』をiPhoneのステータスバーへ移動しておけば、間違って通常の『電話アプリ』から電話してしまうことが少なくなりそうですね。
些細なことですが、『楽天でんわ5分かけ放題』のオプションに加入されている方におすすめです。

 楽天でんわアプリの感想を聞いてみた

Q.『楽天でんわ』って通話品質ってどうなの?

A.特に普通の電話と変わらないけどね。

 

Q.『楽天でんわアプリ』って使い勝手はどうなの?

A.普通の『電話アプリ』と同じような感覚で使えるからすぐに慣れるよ。

 

Q.『楽天でんわアプリ』を使っていて不便なことはある?

A.Safari から電話番号をクリックすると普通の『電話アプリ』が立ち上がるのはちょっと不便。お店の予約なんかをするときに少し不便だと思う。

それから、履歴が『楽天でんわ』じゃなくて『電話アプリ』の方になるから、かけ直す時も少し不便かな。一旦普通の『電話アプリ』で履歴を確認してから『楽天でんわアプリ』を起動してかけ直さないといけないから。

まぁ、その分安いからね。

 

Q.楽天でんわ5分かけ放題のオプションは今後も続けるの?

A.通話する頻度にもよるかな。会社の人も格安SIMが増えてきて、直属の上司とのやりとりはLineを使っているから。状況が変わればやめてもいいかなと思う。

まとめ

iPhoneで『楽天でんわ5分かけ放題』のオプションに加入しているなら

ステータスバーにある『電話アプリ』を『楽天でんわアプリ』に変えておくとよい。

※投資についての記事も掲載しておりますが、このサイトは投資を推奨するものではありません。投資はリスクが伴いますので自己責任でお願いいたします。

スポンサーリンク