楽天の商品リンクを記事の中に挿入するプラグインWP-Rakuten-Linkの設置方法

2017年10月19日

パソコン

楽天の商品リンクを記事の中に簡単に挿入することができるプラグインに「WP-Rakuten-Link」というのがあります。

けれども、楽天APIの仕様が変わってから利用できなくなり、作者のHPもプラグインの更新がされなくなりました。

このまま利用できないのが残念だと思っていたところ、WP-Rakuten-Linkプラグインを復活させてエラー表示を正常に表示させているサイトを見つけました。

解決策を提供してくれたサイトと、rakuten-link.php編集済みコードを配布しているサイトに感謝です。

リンク WP Rakuten Linkがエラー。楽天アフィリエイトプラグイン「wp-rakuten-link」を楽天APIの更新に対応させた。
リンク 【WordPress】WP-Rakuten-Linkが使えなくなった!?【対処法】

※WP Rakuten Linkはhttpsに対応していないのと、更新されていないプラグインということでセキュリティの観点からやっぱりはずしました。

楽天の商品リンクのプラグインをお探しの方は、追記 WPアソシエイトポストの無料版を試してみたをご参照ください。

楽天の商品リンクを記事の中に挿入するプラグインWP-Rakuten-Linkの設置方法

WP-Rakuten-Linkの公式サイトでは更新が止まっているので導入は自己責任です。不具合などがでても修正される可能性は少ないです。

今回は、はじめてWP-Rakuten-Linkを導入する方のためにプラグインのインストールから説明したいと思います。

WP-Rakuten-Linkの導入方法

1.楽天のデベロッパーIDを入手する

まずは楽天IDのデベロッパーIDを入手しなければいけません。デベロッパーIDは、楽天ウェブサービスで確認することができます。

<アプリIDを持っていない人>
今回、楽天APIを利用するのがはじめてだという方は、アプリIDの登録が必要です。

サイト右上の「アプリID発行」からアプリ名とアプリURLを記入し、画像認証を入力後、[規約に同意して新規アプリを作成]をクリックします。

登録が完了すると、「アプリID/デベロッパーID」と「アフィリエイトID」が発行されますので、コピーしておきます。

<アプリIDを持っている人>
すでにアプリIDを持っている方は、サイトの右上の「アプリ情報の確認」から「デベロッパーID」と「アフィリエイトID」が確認できますのでコピーしておきます。

2.WP-Rakute-Linkをダウンロードしてプラグインをインストールする

公式サイトからWP-Rakuten-Linkをダウンロードします。

リンク WP-Rakuten-Link

WP Rakuten Link 0.6.1が配布されているのでローカルに落としましょう。

修正用の「rakuten-link.php編集済みコード」がアンオフィシャルに公開されているので編集済みコードをダウンロードします。

リンク 【WordPress】WP-Rakuten-Linkが使えなくなった!?【対処法】

ローカルに落としたWP-Rakuten-Linkの「rakuten-link.php」の中身を修正済みコードに変更します。一旦rakuten-link.phpの中身をすべて削除してから、修正済みコードをコピペします。

3.プラグインをアップロードして有効化して設定する

修正が終わったWP-Rakuten-Linkを/wp-content/plugins/ にフォルダごと転送します。

/wp-rakuten-link/cache フォルダの属性を変更します(chmod)。書き込みできるように707などにします。

プラグインを有効化します。

管理画面の設定メニューにある「WP Rakuten Link」から、楽天デベロッパーIDを入力します。アフィリエイトIDを入力しない場合は作者のIDが利用される仕様になっています。

WP-Rakuten-Linkの使い方

記事の新規投稿画面の下の方に、楽天市場商品検索という項目ができています。

ここに、掲載したい商品のキーワードを入力して検索をクリックすると

下にリンクがでてきますので、商品下の[挿入]をクリックすると、記事にリンクが貼られます。

実際に表示されるとこのような表示になります。

アマゾンの商品リンクだとAmazonJSというプラグインがありますが、そのデザインに似ていますね。

スタイルシートの編集はrew-san.cssで

そのままのデザインでも利用できますが、このブログではレスポンシブデザインを利用しているので、WP-Rakuten-Linkもレスポンシブなデザインに変更したいと思って探してみたところ、CSSを公開している方を見つけました。

リンク wp-rakuten-linkをレスポンシブっぽくカスタマイズ

公開されているコードをプラグインのrew-san.cssに貼り付ければOKです。

ただし、CSSもキャッシュされているのでCSSを変更した場合は、ブラウザで一度rew-san.cssにアクセスし更新を押して確認するようにします。

これをしていなかったので、CSSを変更したのに表示が変わらないと一人で悩んでいました。

WP-Rakuten-Linkのいいところ

  • 携帯端末で表示された場合、商品購入のリンク先が楽天の携帯サイトになります。
  • cache フォルダ上には、取得したデータをキャッシュとして 24 時間保持します。キャッシュファイルが作成されてから、24 時間過ぎるともう一度データを取得しにいきます。

注意点

WP-Rakuten-Linkは公式サイトの更新が止まっていますので利用される場合は自己責任で。

※このブログを SSL化 したので WP-Rakuten-Link ははずしました。

追記 WPアソシエイトポストの無料版を試してみた

Amazonと楽天のリンクが作れるプラグインに『WPアソシエイトポスト』というのがあるのを見つけました。

WPアソシエイトポストで何ができるかというと

  • Amazonと楽天のリンクがこのプラグインを使って作成できる
  • レスポンシブデザインにも対応
  • SSLにも対応
  • googleアナリティクスで広告のクリック数もわかる
  • 商品リンクはキャッシュされているので表示が速い
  • 5種類のデザインスキン&カスタムテンプレート機能あり

など欲しい機能がついています。

ですが、これ、有料なんですよね。

お金を出すんだったら「カエレバ」とか「ヨメレバ」とかでもいいかなと思ってしまいます。

ですが、楽天版であればメールアドレスの登録だけで無料でダウンロードができるので試してみました。

ダウンロード先が少しわかりにくいですが、購入ページの「ご購入はこちらから」という下に「無料版(楽天アフィリエイトのみ対応)はこちら」という文字があるのでクリックします。

WPアソシエイトポスト

すると、無料版ダウンロードのページが表示されるので、ここでメールアドレスなどを登録してダウンロードします。

ダウンロードしたら、プラグインをインストールして、設定画面で楽天IDなどを入力して利用します。

使ってみた感想は、管理画面から簡単に楽天リンクを作成することができるので便利です。

使い続けるかはわかりませんが、「こういうプラグインもあるよ」ということで。

※投資についての記事も掲載しておりますが、このサイトは投資を推奨するものではありません。投資はリスクが伴いますので自己責任でお願いいたします。

スポンサーリンク