支出は流動費・固定費・特別支出の3つに分けると管理しやすい

2017年8月22日

パソコン

家計管理をしようとしたときに、家計簿をつけている人も多いと思います。

家計簿の記載は普通、収入・支出・貯金の3つの区分だけですが、支出を抑えようとしたときには、更に支出を3つの区分に分けて管理することを、節約効果が高いです。

支出は、流動費・固定費・特別支出の3つに分ける

支出の項目には、食費や日用品、教育資金や交際費に家賃など色々な項目があります。

支出を減らしたいと考えたときに一番効果的なのは固定費の支出。次に流動費、最後に特別支出の順番です。

そこで、支出を管理する場合は、流動費・固定費・特別支出の3つの区分に分けて管理しましょう

家計の流動費について

企業でいう流動費というのは、売り上げに比例して上がる費用のことを指しますが、家計においての流動費というのは、おもにやりくり費のことを指します。

どんなものが流動費になるかというと

  • 食費
  • 日用品
  • 医療費
  • 美容費
  • 娯楽費
  • 雑費

これらの支出は、毎月一定額ではない流動的なものなので、やりくり次第で毎月変動します。

家計の固定費について

企業でいう固定費というのは、売り上げに比例しない固定でかかる費用のことを指し、電気代であれば基本料の部分が固定費、使用量で上がる部分が流動費となります。

しかし、家計において企業のように厳密に流動費、固定費を分ける必要性はありませんから、家計の固定費としては毎月引き落としになっている項目、また、毎月同じ金額がかかっている項目を固定費と呼ぶことにしましょう。

どんなものが固定費になるかというと

  • 家賃
  • 駐車場代
  • 水道光熱費
  • 通信料
  • 保険
  • 校納金

これらの支出は、水道光熱費などは季節によって変動がありますが、だいたい毎月一定の金額が発生する項目です。

「家計の節約は固定費から」というのはよく言われていることですが、この固定費を削減できると、家計のダウンサイジングが一気に進みます

固定費の節約は、一度だけで終わらずに定期的に見直したいものですね。

家計の特別支出について

特別支出と名のとおり、通常は発生しないものをこの特別支出に分類します。

どんなものがあるかというと

  • 慶弔費
  • 車検
  • 家具・家電購入など

毎月発生する支出ではないものをこの特別支出に分類します。

特別支出の分類を作る理由は、家計のダウンサイジングを考えた時に、固定費と流動費を削減することを目的にします。

また、特別支出用に別途貯金をしておくことで、突発的な支出に対応することができます。

家計のダウンサイジングはまずは固定費から

家計のダウンサイジングを考えたときに、一番はじめに考えないといけないのが、固定費の削減です。

固定費の削減は1度やってしまえば効果が継続的に続くため、とても効果的だというのは有名な話です。

例えば

  • 2台所有していた車を1台にすることで、年間の車維持費40万円の節約と車本体代10年間で200万円を削減
  • キャリアの携帯から格安SIMに変更することで2年間で5万円の削減
  • 自動車保険をネット通販にすることで年間の保険料2万円の削減
  • 生命保険の契約を見直して、無駄を省いて必要な保障には加入することで年間2万円の削減

このように、家計のダウンサイジングをするときは固定費から見直すのが吉です。

ただし、住居に関してはこれは当てはまらない場合があります

節約のために安い家賃の場所へ引越しをしたら、給料も下がってしまった

こんな話を聞いたことはありませんか?

また逆に

家賃の高いところに引越しをしたら、それが見合うくらい給料が増えた

因果関係があるかどうかは定かではありませんが、わたしの身近にも家賃を下げたら収入が下がった人が実際にいます。

また、逆に身の丈以上の住まいを購入したら収入も見合うほどに上がった人がいます。

こういうのを見ると、「ダウンサイジングのために家賃の安いところに住みましょう!」というのは、なんだか違うような気がします。

どうして住まいの金額に対してそれに見合ったように給料が変動してしまうのかわかりませんが、

「風が吹けば桶屋が儲かる」

というようなことがあるんでしょうかね。

大まかに3つに分けると家計管理が楽になる理由

支出を流動費、固定費、特別支出の3つに分けて、更にそれをどのように管理しているかというと

  • 流動費→現金支出
  • 固定費→口座引き落とし
  • 特別支出→口座から

このように分けています。

流動費(やりくり費)は現金支出がよい

まず、流動費に関してですが、食費や日用品など日々につかうものなので、現金で支出しています。

以前に食費や日用品などもポイントが貯まりやすいからとクレジットカードの支払いにしてみたことがあったのですが、これは完全に失敗でした。

クレジットカードで日々の支出を支払うと、いくら使ったのかが把握しにくかったのと(データがすぐに反映されない)ついつい使いすぎてしまって、もらえるポイント以上に支出が増大してしまいました。

食費や日用品などは油断すると金額が上がりやすい項目ですから、こういう支出に関しては現金払いがおすすめです

固定費は口座引き落としもしくはクレジットカード払い

毎月決まった金額の費用が発生する固定費に関しては、口座引き落としか、もしくはクレジットカード払いにしましょう。

固定費は、クレジットカード払いにすると、自然にポイントが貯まります

特別支出は口座から

特別支出は突発的にでてくる支出なので、その分を家に現金を置いている方もいらっしゃるかもしれません。

もちろん、現金で準備しておくというのも1つの方法です。

わたしの場合は、ATMの手数料がかからない金融機関を利用しているので、現金を家に置かずに必要なときに引き出すようにしています。

ダウンサイジングしやすい項目を探す

この3つの大きな項目に分けることで、ダウンサイジングしやすい項目を探しましょう。

ダウンサイジングに効果的な費用項目の順番は

固定費 > 流動費 > 特別支出

家計の見直しをするときは、まずは固定費の項目で削減できる項目がないかを探します。

固定費の見直しが一通り終わったら、次は流動費を見直しましょう。固定費の見直しは一度見直すだけですが、流動費の見直しは日々の努力です。

あまりきつめにしすぎると、ダイエットと同じでリバウンドしてしまいますから、気持ちとのバランスを見ながら徐々に絞っていきましょう。

特別支出に関しては、自分で管理することが難しい項目になります。慶弔費は付き合いもありますから、ある程度の金額をプールしておくと、支出するときに困りません

まとめ

  • 支出の項目は「流動費」「固定費」「特別支出」の3つに分ける
  • 固定費 > 流動費 > 特別支出の順番で支出を見直す
  • 流動費(やりくり費)は現金払いがいい

※投資についての記事も掲載しておりますが、このサイトは投資を推奨するものではありません。投資はリスクが伴いますので自己責任でお願いいたします。

スポンサーリンク